FC2ブログ

MARINE SERVICE PASSO

バラス島と鳩間島を巡るシュノーケルツアー「PASSO」のBLOG

2017,11,22,Wednesday

エンジントラブルが発覚し、西表島ではメンテナンスできないので、那覇からエンジニアが来ての、石垣島での作業が決定したのが、数日前。

DSC_0637.jpg

これからの時期、海況の変化が激しいので、船で石垣に行けるのは週に1回あるかないか?ということで、17日にのんびり1.5時間かけて石垣島へ。自船で行くのは3年ぶり。遠くに石垣島の市街地が見えてくると、かなりホッとします。

ただエンジニアが来るのが20日の月曜日ということで、いったん定期船で僕は帰り、再び月曜日に石垣へ。

DSC_0643.jpg

ユニックでエンジンを吊り上げ、提携先の工場へ。

DSC_0644.jpg

どんどん分解していきます。

DSC_0646.jpg

DSC_0650.jpg

エンジンの心臓部、ピストン周りもなぜか腐食だらけ!?まだ2.5年しか使ってないエンジンなのに!?
このまま使ってたら、夏くらいにもっと重大トラブルになってたかも?

分解に6時間ほど。ここから10時間ほどかかって、組み立て。
天気予報とにらめっこしながら、どうしても22日の早朝しか帰れそうにないので、急ピッチでの作業です。

DSC_0651.jpg

夜7時。ようやく組みあがり、海に浮かべて試運転。
とはいえ、オイル漏れなどの細かいところは暗すぎて見えません

ここはエンジニアを信じて、明日帰れることを祈って、作業終了。

何回も何回も様々なサイトの天気予報とにらめっこしながら、やはり未明に出発することに。
前線が通過し、朝には北風ピープーになり、次海が落ち着くのが、早くて日曜、もしくは次の火曜日の予報。

心配と不安に押しつぶされそうになり、ほとんど寝ることもできずに、明け方4時に船へ。
もちろん真っ暗で、エンジンチェックはできません。

意を決して4時20分に石垣港を出発。

と、ものすごい雨と風でいったん港に逆戻り。

走りなれない海域。
真っ暗な状況。
前線が通過し、海が荒れてくる。
やめる勇気と行くという決断力。

20分ほど暗闇の中で葛藤し、もう一度だけトライすることに。

5時に石垣港を再出港。

青と赤に光る立標。
竹富島や小浜島のほんのりとした夜景。
振り返ると大都市石垣の光。
あとはGPSを頼りに、慣らし運転ということもあって、のーんびり、びくびくの運転。

1時間ほど走ると、今度は鳩間島の灯台を頼りにさらに30分ほど走行。

DSC_0658.jpg

出港から1時間45分、ようやく空が明るくなってきてくれました。

DSC_0659_20171122153159b66.jpg

時速20キロほどで走っていたので、予定通りちょうど2時間、7時過ぎに上原港に到着できました。
上原港ではきれいな虹が出迎えてくれました。

もちろん、船の掃除もそこそこに、おうちに帰って速攻ふとんに潜り込みました

まだ雨が降ったりやんだりなので、エンジンチェックはしてませんが、とりあえずはホッとしました。

何もなければ週明けからツアー再開の予定です。

この間お客様にはご迷惑をおかけしまして、本当にすみませんでした。
今後ともパッソをよろしくお願いします。


スポンサーサイト

≪ 2017,12,16,Saturdayホーム2017,11,10,Friday ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

マリンサービス パッソ

Author:マリンサービス パッソ
マリンサービス・パッソ HOMEPAGE
[ パッソのホームページはこちら ]


西表島を基点にバラス島と鳩間島へのシュノーケリングツアーを開催。青い海と空、色とりどりのサンゴと魚に囲まれ、とにかくのんびりと快適に過ごしていただけるように、日々奮闘中。

代表 小野恭生(オノヤスオ) 1974年7月29日生まれ

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク